淋病は排尿時に痛みを感じたり、おりものの異常などの症状があります

淋病は有名な性感染症のひとつだと言うことができますが、病名は聞いたことがあるけれど具体的にどのような病気か知らないという人もいるはずです。この病気は同じ性病であるクラミジアと似ていると言われることが多いですが、クラミジアよりもひどい症状があらわれることで知られています。女性は無症状で痛みを感じない場合も多いようですが、男性が感染した場合は尿道に激痛が走ることがあるので、感染してしまわないように注意しておくべきだと言えるでしょう。

この病気はコンドームを使用せずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスで感染することが多いですが、淋菌を含む体液が粘膜に触れてしまうことで症状があらわれる可能性があります。男性が淋病を患ってしまうと尿道に症状があらわれるようになり、尿道にかゆみや不快感を覚えるだけではなく、排尿時には耐えがたいほどの激しい痛みを感じることも少なくありません。尿道から白っぽい膿が出たり睾丸が腫れたり、発熱を感じることも多く、これらの症状に苦しむことになる男性は多いです。いずれもクラミジアの症状と似ていますが、程度は淋病のほうがかなり重いと言えるので似たような病気だと甘く考えていると大変な思いをすることになります。

女性が感染した場合は子宮の入り口に炎症が起こり、その結果としておりものの量が増加したり生理以外で出血が起こったりすることがあるでしょう。他にも下腹部の痛みや性行為を行ったときの痛みなどがありますが、これらすべての症状は比較的軽いものだと言うことができます。軽いどころか全く変化が感じられないという女性も少なくないので、女性の場合は病気であることを自覚できないケースも多いことを知っておきましょう。無自覚のせいで病気を見過ごしてしまうことも少なくないので、些細な変化があったときや感染する恐れがある行為をしてしまったときは、医療機関などで検査を受けることが大切です。

淋病に感染すると男性も女性もクラミジアに感染したときのような症状があらわれますが、特に男性はかなりひどい痛みを経験することになると言えます。同じ病気であっても性別でかなり痛みが違うと言えるので、特に男性は感染してしまわないように注意しておいたほうが良いです。尿道炎のような症状と聞くとそれほど大変だと思わないかもしれませんが、排尿が困難になるレベルで痛みを感じることも少なくないので、かなり大変な思いをすることが非常に多いと知っておきましょう。