カンジダは放置すると、性交渉でパートナーにうつしてしまうリスクがあります

カプセルと瓶

性病はパートナーに移してしまう可能性があるので、感染してしまったときには被害を拡大させることがないように気をつけておかなければなりません。カンジダは性行為以外が原因となって発症することが多いので、自己感染で発症した場合はパートナーに移してしまうリスクがあることを忘れてしまっている人もいます。たとえ自己感染によるカンジダであったとしても、発症している状態でパートナーと性行為を行うと病気を移してしまう可能性があるので注意が必要です。治療せずにそのまま放置しているとパートナーまで感染してしまうリスクがあるので、自己感染による発症であっても移してしまうリスクがあることを知っておきましょう。

女性の膣内にカンジダの症状があらわれていたとしても、男性の性器には感染することがないだろうと勘違いしている人が少なくありませんが、男性の性器にもカンジダは感染してしまいます。もしも膣カンジダを患っている女性とコンドームを使わずにセックスを行った場合、男性の亀頭にも症状があらわれてしまうかもしれません。女性の膣内に症状があらわれた場合はかゆみなどが生じますが、男性の亀頭に症状があらわれるとかゆみ以外に白いカスがポロポロと出てくるなどの症状も見られます。パートナーに影響がないだろうと治療せずに放置していると、男性の性器に病気を移してしまうかもしれないので気をつけておきましょう。また、女性の性器に対するオーラルセックスを行ったときに、男性の口内に症状があらわれてしまう可能性もあるので注意してください。

特に女性がカンジダを患っている場合は病院に行くことの恥ずかしさから病気を放置してしま人は少なくないと言えますが、そのままにしておくと長引く症状に苦しむことになるだけではなく、パートナーまで病気になってしまうリスクがあります。性器に症状があらわれる病気は病院に行くことに抵抗を覚えるかもしれませんが、病気を特定して適切な治療を行うことが重要だと言えるでしょう。放置していても自然に完治することはありませんし何も良いことはありませんので、カンジダを発症していると気づいたのであれば、なるべく早く医療機関を受診したり治療薬を使用したりして治すことが大切です。セックスやオーラルセックスなどの性交渉でパートナーまでカンジダになるリスクがあるので、病気になってしまったときには放置せずにしっかり治療するようにしましょう。