薬を飲んでいる女性

カンジダという病気の名前を聞いたことがある人は多いはずですが、病気の内容について詳しく知っている人は少ないと言えます。これは性病のひとつとして取り扱われることも多いので性行為が感染経路となると思っている人がほとんどです。たしかに性行為でも感染することがありますが、この病気は真菌が原因であり病原菌が体内で異常増殖することでも発症します。つまり、性交の経験がなくても発症することがあると知っておかなければなりません。

常在菌が体内で異常増殖して発症することが多い

そもそもカンジダの原因となる病原菌は体内に存在していてもおかしくないものであり、体内に常在菌として存在して普段は身体に悪さをするようなことがないです。しかしながら、免疫機能の低下が起こっているときや抵抗力が弱まっているとき、ストレスや性行為で刺激を受けたときに常在菌が体内で異常増殖してしまうことがあります。常在菌が大量に増えてしまうと普段は大人しい菌でも身体を攻撃するような作用をもたらし、発症部位のかゆみや痛みなどを引き起こしてしまうはずです。原因となる菌は腸管の中や女性の膣内、口内などに存在していることが多いので、性行為を行うことがないとしてもこれらの場所で異常に増えてしまって発症することがあります。

カンジダ菌の増殖によって症状があらわれやすいのは女性の膣内であり、膣カンジダという言葉があることからも分かるようにこの部分に感染することは非常に多いです。女性の性器周辺は蒸れやすいので清潔に保つことが難しく、生理などによってホルモンバランスの崩れが起こることも多いので、それらが原因となって菌が増えてしまうことも少なくありません。普段から性器周辺を清潔に保つように心がけたり、ストレスや疲れを溜めない生活を心がけたりしていても発症してしまうことがあります。性行為した覚えがなければカンジダでないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、この病気は自己感染することがあると理解して、症状があらわれたときには早く治療するようにしましょう。

もちろん女性の膣以外でも常在菌として菌が存在している場所であれば自己感染を引き起こすことがあるので、男性であっても性行為以外が理由で感染する可能性を知っておかなければなりません。体内で増えた病原菌によって発症することがある病気だと知らなければ病気を見逃してしまう可能性があるので、性交経験がなくても発症することがあるものだと理解しておくことが大切だと言えます。性行為よりも自己感染による発症数のほうが多いと言われているので、性行為の際だけ病気に気をつけるのではなく普段の生活から自己感染しないように注意しておくようにしてください。

カンジダは感染経路がひとつではないと理解しておこう

性感染症のひとつとして取り上げられることが多いカンジダは性交だけが原因で感染するものだと勘違いしている人もいますが、感染経路は性行為だけではないということを理解しておきましょう。まだ性交の経験がないときやあまり性行為をしたことがないときに発症すると、何が原因で病気になってしまったのだろうと強い不安を覚えてしまうはずです。カンジダは性行動の経験がない若い女の子や性行為の回数が少ない女性でも発症することがあるものなので、体内の菌が原因で発症してもおかしくないものだという認識を持つようにしておきましょう。性行為だけが原因だと思っていると恥ずかしさから病院に行ったり周りに相談したりできない人も出てくるはずなので、この病気は誰でも感染する恐れのある病気だと知って、いざというときには周りに相談したり病院に行ったりするようにしてください。

カンジダの感染経路はひとつだけではないので、あらゆる感染経路があることを事前に知っておくことが重要だと言えます。性行為と自己感染以外にも、原因菌が付着したものを口内に含むことで感染する可能性もあると知っておかなければなりません。子供であれば哺乳瓶やおもちゃ、大人であれば入れ歯やマウスピースなどに病原菌が付着していて、それを口の中に入れることで感染してしまうこともあるようです。発症している人とオーラルセックスを行って口内に感染することもありますが、性行動と全く関係ない行動でも発症することがあります。

性病と聞くとセックスやアナルセックス、オーラルセックスなどが原因で感染するものというイメージを持ってしまう人が非常に多いのですが、カンジダの場合は感染経路がひとつだけではありません。性行為が感染経路となることもありますが、自己感染や菌がついたものを口に含むことで感染することもあると理解しておきましょう。パートナーが発症したときに他の人と性交渉をしたのではないかと疑ってしまう人もいると思いますが、自己感染などの可能性もあるので性行為だけが原因ではないと意識しておくことが大切です。正しい知識を持っていなければ勘違いから問題を引き起こしたり、病気を見過ごしてしまったりする可能性もあるので注意しておく必要があります。

記事一覧
淋病は排尿時に痛みを感じたり、おりものの異常などの症状があります 2020年06月24日

淋病は有名な性感染症のひとつだと言うことができますが、病名は聞いたことがあるけれど具体的にどのような病気か知らないという人もいるはずです。この病気は同じ性病であるクラミジアと似ていると言われることが多いですが、クラミジアよりもひどい症状があらわれることで知られています。女性は無症状で痛みを感じない場...

性病が疑われる時は、専門クリニックを受診して検査を受けましょう 2020年05月20日

もしも性病になってしまったと感じるのであれば、そのまま何もせずに放置しておくのではなく専門のクリニックを受診して検査を受けることが大切だと言えます。性感染症の治療を行うためにはどのような病気に感染しているのか特定する必要があるため、まずは医療機関で診察や検査を受けるようにしてください。ただし、性別や...

性病に罹ると、おりものの臭いや量などに変化が見られることが多いです 2020年04月21日

性感染症になったときどのような異変があらわれるのか認識しておかなければ、性病の特徴だと気づくことができずに病気を見過ごしてしまう可能性があるので注意しておく必要があります。性病を患ってしまったときには様々な症状があらわれますが、女性の場合はおりものに変化が見られることが多いので、普段からおりものの様...

カンジダは糖尿病などの持病を持っていると、悪化することもあります 2020年03月24日

病気に感染してしまったときは、その人がもともと他の病気に感染していた場合、もとから患っている病気のせいで後から感染した病気が悪化しやすくなるケースがあります。カンジダ症に感染したときにも同じことが言え、もともと糖尿病の病気を患っている人であればカンジダの症状が悪化しやすくなってしまうことが多いです。...

カンジダはオーラルセックスが原因で感染することが多い?避けた方がいいの? 2020年02月25日

自己感染での発症が多いことで有名なカンジダですが、オーラルセックスで感染することも少なくありません。この病気の多くは体内に存在する常在菌が異常増殖することで自己感染して発症しますが、このタイプのセックスのような行為でも感染する可能性があります。具体的にどのようにして感染するのかと説明すると、まずは男...

カンジダの治療薬は、海外医薬品の通販サイトで購入することが出来ます 2020年02月21日

カンジダの治療薬は病院で処方してもらうことができますが、それ以外に海外医薬品の通販サイトで購入するという方法を選択することもできます。この病気は何度も再発を繰り返してしまうことがある病気なので、以前に発症した経験があってカンジダの再発であると分かっているのであれば、病院に行かずに通販サイトを利用する...

カンジダの治療薬にはいくつかの種類がありますが、主に抗真菌薬を服用します 2020年02月18日

病気になったときに自然に症状が緩和されることを待つ人もいますが、カンジダの場合は放置していても完治することがないので、治療薬を用いてしっかりと治していかなければなりません。カンジダの治療薬は病院で処方してもらうこともできますが、個人輸入通販サイトを利用すれば病院を利用しなくても自分で選んで購入するこ...

カンジダは放置すると、性交渉でパートナーにうつしてしまうリスクがあります 2020年02月15日

性病はパートナーに移してしまう可能性があるので、感染してしまったときには被害を拡大させることがないように気をつけておかなければなりません。カンジダは性行為以外が原因となって発症することが多いので、自己感染で発症した場合はパートナーに移してしまうリスクがあることを忘れてしまっている人もいます。たとえ自...