完全栄養食ってどう?

世間では完全栄養食が話題である。これだけを飲んでいれば一日に必要な栄養素を補うことができる、というものだ。果たして本当にそうなのだろうか?必須栄養素のビタミンやミネラルを含んでおり、一日分をカバーしているというタレコミはどうも違和感しか感じない。確かに有名なビタミンやミネラルは網羅しているが、ではそれ以外の栄養素については何も触れていない。人間が生きていく上で必要な栄養素は、ビタミンやミネラルだけではない。それこそ、人間が注目していない栄養素にこそ、健康を保つ秘訣があるのだと思う。きちんとバランスの良い食事には、自然とマイナーな栄養素を取れるのだが、完全栄養食のような人工物にはそれが不可能である。所詮人間が足りない頭で考えた栄養素しか入っていないからである。完全栄養食の存在を頭から否定しているのではない。むしろ、現代はきちんとした食事を摂ることが難しいという前提で、その不足分を補うために補助的に使うのは理にかなっていると思う。しかし、完全栄養食だけでなんとかできる、というのは、知性に溺れて沈んでゆく知識人のようで、人間の浅はかで傲慢な態度に、虚しさを覚えるのである。

ゼロカラYOGA 口コミ

牛乳は善か悪か

牛乳は人体にとっていいものだろうか?悪いものだろうか?答えはよくわからないが、私個人のカラダにはそれなりに有用な働きをしているものと想像する。私は基本的にあまり肉や魚を普段から食べる方ではないので、牛乳は貴重な動物性タンパク源となっている。またカルシウムが最も効率的に取れる手段として重宝している。小魚などはなかなか普段の食事に取り入れられないので、牛乳を飲むだけでカルシウムを摂取できるというのは手軽だ。ただ、牛乳は体質に合わないという人がいるのも事実である。特に牛乳を飲むとお腹を壊す人が多いのは、乳糖不耐症である可能性が高いので、チーズやヨーグルトなど、施釉製品を加工したものを摂取するのが望ましい。特に日本人は遺伝子的に乳糖不耐症の人が多く、欧米の食文化をそのまま取り入れるのはあまり理にかなっていないことが多い。日本人には日本人の歴史にそった食文化を続けることが一番だが、昨今ではなかなか難しいだろう。話がずれたが、牛乳は合う人と合わない人にわかれれうのは事実なので、給食で強制的に飲ませるのはどうかと思う。せめておご飯のときは牛乳ではなくお茶にしてほしいと思うのは私だけだろうか?

60ローケアイオンドライヤー ヒートケア60

朝ごはん抜きは体にいいのか

私はかれこれ数十年ほど朝ごはん抜きの生活を送っている。私は、朝食抜きこそが健康への第一歩だと思っている。小さい頃は朝食抜きは体に悪い、とか勉強できない子に朝食を抜いている子が多い、とか言われていたが、私は全くそうは思わない。第一、現代人は食べ過ぎである。飽食の時代ともいうが、生命が生きながらえるのに必要なエネルギーはもっと少なくていいはずである。飽食の時代など、人類の歴史の中でここ最近の数十年だけで、それ以前はずっと飢餓がデフォルトだった。つまり、人間は飢餓には耐えられるが、飽食には耐えられるようにはできていないのである。もちろんあと何百年と飽食が続けば、そのようにカラダが進化するだろうけれども。朝食を抜けば午前中は頭がスッキリするし、冴え渡る。よく昼食後に眠くなる人も多いが、あれは血糖値の上昇によるものである。朝食を食べずに過ごすと血糖値が上昇することはないので、午前中を有意義に過ごすことができる。ただ何も食べず水だけだと、低血糖によりフラフラする人もいるかも知れない。そのような場合は適宜野菜ジュースなどでほんの少しだけ糖分を補給してもいいだろう。なにより重要なのは、固形物を取って胃腸に負担をかけないことが重要だ。なれるまで時間がかかるかもしれないが、2週間ほど、一度試してみてほしい。

ルルクシェル 販売店